ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

メインメニュー終わり

サイト内の現在位置です:

TOP  > ワークショップ情報  > 東京 アレクサンダーテクニークの教師養成コースに入りたい人のための準備コース(中級者向け)
ワークショップ情報

東京 アレクサンダーテクニークの教師養成コースに入りたい人のための準備コース(中級者向け)

2019年4月にスタート予定の、アレクサンダーテクニークの教師養成コースの準備コース(中級者向け)のご案内です

ここでいう中級者とは、すでにアレクサンダーテクニークの個人レッスンまたはグループレッスンを、20から30レッスンご受講している方を指します。
 

 

この準備コースの最終スタートは2018年7月で、修了は2019年3月です

 

2019年にスタートする教師養成コースに入るつもりなく、安い金額で質の高い個人レッスンをみっちりご受講されたい方も歓迎します
 
すでに、2018年4月に教師養成コースをスタートする方たちの準備コースの受付は終了しています。

 

 

こんなことはありませんか?

活動中や活動後に違和感や痛みやひどい疲れを感じる。
   例えば次のような場面を思い浮かべてください。
        演奏中や演奏後
        パソコンの操作中や操作後
        仕事中や仕事の後

本番で実力を発揮できないことが多い(”あがる” ”緊張する”)

指導者の立場で、生徒さんに指示が伝わらない(なぜできないのか、分からない)

生徒さんの立場で、先生の意図が分からない。お手本を見ても分からない。

伸び悩んでいる。調子が悪い。

アレクサンダー・テクニークとボディマッピングを学ばれることで、
解決への糸口を見つけることができるかもしれません。
 

 

教師養成コースを始める目的

職業的なプロを養成すること。

職業的なプロとは、
アレクサンダーテクニークを手と言葉を使って、教えることができること。
アレクサンダーテクニークの原理をアレクサンダー用語ならびに別の用語(例えば生理学の用語、解剖学の用語、動物の行動学の用語、日常の生活用語)で説明できること。
状況に応じて、自律神経系を最適な状態にし、全身を伸びやかにするアレクサンダーテクニークを実践できる教師を養成すること。
伝統的なプロシジャを実践し、教えることができる教師を養成すること。
生徒さんが選んだアクティビティ(さまざまな活動、例えば楽器の演奏)について、アレクサンダーテクニークを使って改善することを、手と言葉を使って教えるスキル持つ教師を養成すること。
 

日本のいくつかの教師養成コースに対する素朴な疑問

近年日本の教師養成コースは、次のような異常な事態が生じています

 

1クラス20人から30人くらいの大規模な教師養成コースを行う。
日本ではいくつかコースが、コースを受講する生徒さんのために行われるのではなく、運営する側の利益のために行われている。
特に1クラス20人から30人規模で行われ、ほとんど個人的な経験がコースの中で得られないコースなど。それで必要なスキルが身につくのか率直に言って疑問。
教師養成コースを終えたばかりの卒業生が、アシスタントとしてではなく、メインの講師としてトレーニングを教える。
なかには、教え始めてから5年未満の実際に教えた経験が乏しい方たちが、生活のために教師養成コースを始めるケースもあります。
教師になってからの歴が10年程度あるものの、専業でアレクサンダーテクニークを教える経験が1度もないのに、あるいは職業としてアレクサンダーテクニークを1度も教えたことがないのに、教師養成コースを教える。
自分ができなかったことを人に教えるのは、かなり無理があります。
そして、実際に教師養成コースを終えて、仕事(生業)にできる人が非常に少ない。
仕事を行うのに際して、必要最低限の日本国内の法律や制度的な知識の伝授が行われない。
所得税法
医師法と関連する判例。医師法違反はしてはいけない
国際的なアレクサンダーテクニークの協会から、認定を受けることを推奨しない
その結果、職業的な倫理規定を持たない教師を量産している。
自己啓発系セミナーで多用される、人を操作するメソッドを悪用している
アイデンテティを揺さぶる技法
ひたすら質問を続ける
アレクサンダーテクニークの基本的な歴史や故事を知らない教師が多い。
歴史や故事の知識は、ワークを補強する材料になり、新しい発見の土台になる
解剖学的知識・生理学的知識・脳神経科学(脳科学)の知識があいまいか乏しい教師が多い。
科学的な用語をテキトーに用いるので、甚だしく信用を損なっている
例えば、
ペリ=パーソナル・スペース---脳科学の用語だが、まったく異なる意味で用いている
トップ・ジョイント---解剖学的には存在しない。完全に一部の人たちの業界用語
無意識---どういう文脈で、どのような意味でこの用語を用いるのか理解不能

 

この準備コースのねらい

50レッスンのあいだに、アレクサンダーテクニークの基本を身に着け、あなたのやりたい芸事その他日常生活にアレクサンダーテクニークを使えるようにする。

50レッスンのあいだに、あなたが本当に行いたいのは、アレクサンダーテクニークを教えることなのか見極める。

4年から5年続く教師養成コースを教えるかわかみが学ぶに足る人物か見極める。

養成する側として、素養があるかどうかを見極める。

 
 

対象

2019年にスタートする教師養成コースに入るつもりなく、安い金額で質の高い個人レッスンをみっちりご受講されたい方も歓迎します
 
独立した収入をお持ちの方で、かつ寛解していない重篤な精神疾患をお持ちでない方のうち、次のア)からク)いずれかを満たす方たち
 
ア)音楽家、ダンサー、俳優などのパフォーマー(プロ・アマ問わず)、または業として教えている人
イ)教育者、教員
ウ)スポーツ愛好家、トレーナー
エ)介護従事者
オ)看護師
カ)マッサージ師・リフレクソロジスト
キ)リハビリ職
ク)その他ご自身の可能性をアレクサンダーテクニークを使って高めたい方 

 

すすめ方

2019年3月末日まで、30レッスンを受ける(最終スタートは2018年9月)。

2018年10月に開催するウィリアム・コナブル博士の教師養成コースの訓練生や教師向けのクラスに出席する権利が与えられる(費用は別途)。

それ以外に、2時間30分程度の東京または横浜で開催する一般向けのグループレッスン8回分を受講する権利を含む。

2018年10月に開催するウィリアム・コナブル博士の教師養成コースの訓練生や教師向けのクラスに出席する権利が与えられる(費用は別途)。

 

費用


45分の個人レッスン 50レッスンで、24万円。通常は1レッスン(45分)で50レッスン受講されると30万円なので、6万円お得。
分割払い可能です。ただし、2018年3月までの残り月数を上回る回数の分割はできません。

 

分割払い回数 お支払金額・支払い回数
一括払い 16万円
2分割払い 8万円×2回
4分割払い 4万円×4回
8分割払い 2万円×8回

 

キャンセルポリシー

1回ごとのレッスンについて
キャンセルの場合は、開催日の10日より前まではキャンセル料は無料です。
10~4日前までは受講料の50%を申し受けます。
3日前からは受講料の100%を申し受けます。
ご返金がある場合も、銀行振り込み手数料も申し受けますので、よろしくお願い致します。
日程変更は、キャンセル&再お申し込みとして取り扱います。
なお、 万一主催者側の都合によりキャンセルさせていただくときにはお振込みいただいた受講料は全額をお返しします。
 

受講中に以降のレッスンをキャンセルされる場合

上記の1回ごとのキャンセルポリシーはそのまま適用する。
その上で、
1レッスンの受講料を6,000円(1レッスン45分)で、計算しなおし、お預かりしている受講料から差し引く。
もし残額があれば、お返しする(お振込み手数料は差し引かせていただきます)。
もし、受講料に不足分が生じたら、不足分をお支払いいただく。
 

 

会場

アレクサンダーテクニークの学校 町屋スタジオ

最寄駅:東京目と戸千代田線・京成本線・都営荒川線 町屋駅から徒歩3分 

    JR常磐線 三河島駅から徒歩12分

 

その他 レンタルスタジオ(スタジオレンタル料と講師の往復の交通費は、ご負担いただきます)

 

教える人

かわかみ ひろひこ
1969-。F.M.アレクサンダー(1869-1955)の曾孫弟子にあたる、第3世代のアレクサンダーテクニーク教師
1997年から一般の生徒としてアレクサンダーテクニークを学び始める。
1999年に教師養成コースで訓練を受け始める(東京で最初の教師養成コースのオーガナイザーとなる)。
2003年トレーニング修了。独立して教え始める。2004年ATIより教師認定。
2005年4月より専業のアレクサンダ-テクニーク教師となる。
以降、演奏家・ダンサー・俳優などの舞台芸術家や、アロマセラピスト・リフレクソロジスト・エステシャンその他のセラピスト、リハビリ職、「からだ」をもっとらくにしたい方たちにレッスンする。
楽器店や音大やダンスの団体やリハビリ職の団体から依頼されて講座をおこなうこともある(活動履歴はこちらをご参照ください)。

 

申し込み

こちらへ。

お申し込みorお問い合わせ

かわかみ ひろひこ まで。

レッスン前日以降のご連絡は、必ずメールフォームかPHS 070-5551-8007 にお願いします。

 

お問い合わせ・お申し込みフォーム
   お申込みフォーム

   ※ なるべくケイタイ・メールやホットメールは避けてください。
         (当方からのメッセージが届かないので)

 東京都荒川区荒川7-39-4シティハイム町屋503
FAX:03-5615-2318
PHS: 070-5551-8007

  
お申し込みの際に下記をお知らせください。
お名前
郵便番号
ご住所
当日のご連絡先お電話番号
レッスンの参考にさせていただきますので、アレクサンダー・テクニークの
どのようなところにご興味をお持ちで、どのようなことに生かされたいのか
お教えください。

折り返し、私の方からご連絡致します

ページの終端です。ページの先頭に戻る

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティログイン