ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

北村綾子

北村綾子

こんにちは、北村綾子です。

私は今、京都市伏見区、京都市立呉竹文化センター(近鉄・京阪「丹波橋」駅西口)で個人レッスンをしています。

私は1990年にアレクサンダー・テクニークと出会い、それから6年ほど、ずっと個人レッスンやワークショップを受け続けました。頭痛持ちで眠れず、何かにおびえ不安がいっぱいだった私は、アレクサンダー・テクニークを学ぶことで、自分自身を知り、落ち着いて考えられるようになってきました。
その後、1996年から99年まで京都アレクサンダー・テクニーク教師養成コース(KAPPA)2期生としてトレーニングを受け、1999年ATIの認定教師資格を得ました。

その後4年ほど教えていましたが、2003年から2018年まで、15年ほどアレクサンダー・テクニークとの関わりがお休みになりました。休みたい、と思って休んだわけではなく、私の周囲が忙しく休まざるを得なかったのです。
何かを続けたいと思っていてもできない、途中で止めなければいけない、そんなことは、多くの方々にあることですよね。私も同じように、途中でアレクサンダー・テクニークとの関わりが希薄になっていました。

私がアレクサンダー・テクニークを学んで、最初に助けられたことは、時間の長さ、間(ま)を知ったことことです。それは、実際の時間にすれば、ほんの少しですが、静かに意識を広げ、知覚を広げ、自分自身のからだ全体を認めることです。良いとか悪いとかとは別に、今ここにいる私を認めることは、自己肯定(ここに私はいる、という肯定)につながります。

これは、15年間アレクサンダー・テクニークから遠ざかって、再び学習し直したから、私は気がつきました。私やあなた自身が、よりよい「からだの使い方」に変わっていけるだけではなく、周囲のなかの私、あなた、が、より楽に存在する助けになります。

自分のからだを認めることから、ご自分のさまざまな課題を改善する方向に変化していける力が、湧き上がってくると思います。アレクサンダー・テクニークは、それを助けてくれます。

私自身もアレクサンダー・テクニークを学びつつ、あなたの学びを助けることが出来れば、幸いです。

●アレクサンダー・テクニークのレッスンは、
教師が言葉で導き、手で触れることで、生徒さんが自分自身への気づきを広げることを助けます。レッスンは、生徒さんのレッスンなので、生徒さんと対話し、どのように進めるかを決めていきます。
・肩こりや腰痛、頭痛、腕や脚がむくみやすい、疲れやすい等、慢性的なストレスを改善することに役に立ちます。
・楽器演奏や歌うこと、ダンス、演劇、スポーツ等におけるパフォーマンスの向上に役立ちます。
・何となく心と体がだるい。そんな方にもオススメします。日常生活を心地よく過ごす役に立ちます。

個人レッスンの進め方
・横たわる姿勢でのワーク。横たわって、ご自分の身体全体を思い出します。日常の緊張で縮んでいた身体を休め、ゆるみ広がっていくのにまかせます。教師は言葉と、手で触れたり動かしたりしながら、休むことを助けます。より建設的に休むことを学ぶワークです。
・立つ、腕をあげる、歩く、座る、脚をあげる等のややこしくない動きを使ってのワーク。
これらを組み合わせて進めていきます。ご希望があれば、書くこと、声を出して読むこと、舞踊、スポーツなど具体的な動作を組み合わせて進めます。

■ブログを作っています。のぞいてみて下さい。
「アレクサンダー・テクニークwith quiet timeブログ」
https://atfushimi.hatenablog.com/

国際認定

ATI (1999)

教師認定を受けた卒業校

KAPPA (1999)

トレーニング

KAPPA

連絡先

電話:090-1136-8229
Mail:atfushimi187@gmail.com

教える場所

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ