ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

【渋谷】楽器奏者のための 立つ・座る・構える ~姿勢が変わると音が変わる~

【渋谷】楽器奏者のための 立つ・座る・構える ~姿勢が変わると音が変わる~

【アレクサンダー・テクニーク入門講座】
姿勢が変わると が変わる
楽器奏者のための 立つ・座る・構える
 2018夏!

★ 日時・場所
 7月11日(水)  13:30~16:30 青葉台
 7月16日(月祝) 13:30~16:30 渋谷
 7月22日(日)  13:30~16:30 青葉台
★ 定員:6名(青葉台)、8名(渋谷)
★ 参加費:6000円

★ 内容:少人数の体験型ワークショップです。
・カラダの構造の基本を学び、立つ・座るの動きを体験
・おひとりずつ楽器を構えて音を出すミニレッスン
  (人前で演奏したくない方は必須ではありません。)

音楽家向けのアレクサンダー・テクニーク講座、
昨年に引き続き「立つ・座る・構える」のタイトルで開催します。

演奏時の頭の中では、多くのことを考えています。音楽のこと、楽譜の記述、楽器の操作、音程、リズム、合奏中には他人の動きも。
耳で音を聴き、目で動きを見ながら、様々なことを同時に考えて演奏しています。

その瞬間、「一番の楽器」であるはずの「自分のカラダ」については、どれぐらい気づいていますか?

本講座では、立っているとき、座っているときの姿勢のバランスを見直します。
そして、自分のバランスに気づきながら楽器を構えて演奏してみると、どんな違いが生まれるか試してみたいと思います。

演奏レベルは問いません。プロ・アマ・初心者、どなたでもご参加下さい。
ご自身の変化を楽しめる方のお申込みをお待ちしています。

★ 講師:村上敬子
アレクサンダー・テクニーク教師(ATI認定)
ヴァイオリン奏者(アマオケ35年)

詳細・お申込みはこちらから
http://www.alexander.yokohama/1807ws4musician/

チラシをPDFでみる

教師

村上敬子

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ