ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

【6/8大阪】一般向け:アレクサンダー・テクニークとパーキンソン病

【6/8大阪】一般向け:アレクサンダー・テクニークとパーキンソン病

非営利団体「The Poise Project」で活動されているアレクサンダー・テクニーク教師、モニカ・グロスさんが来日し、東京と大阪で「アレクサンダー・テクニークとパーキンソン病」のワークショップを行います。
パーキンソン病患者の方、介護者の方、医療関係者や介護職の方など、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

【大阪開催】

日時:2019年6月8日(土)10:00-16:00

会場:エル・おおさか 10F 研修室5
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

受付開始:9:30から

対象:パーキンソン病患者さん、付き添いの方、介護に携わる方、研究者・医療関係者の方

講師:モニカ・グロス

*この団体は非営利で活動しています。寄付のご協力をお願いいたします。

お申し込み:メールフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScsscmqrWUr-V3bGtGjD_kthvrc8cu-IhDFNwaijIN5AKcmYg/viewform

*********************************

The Poise Project(ポイズ・プロジェクト)とは

「21世紀のためのアレクサンダー・テクニーク」として、アレクサンダー・テクニークの恩恵を受けうるすべての人に届くように、様々なプロジェクトやプログラムを構築しながら活動している非営利団体です。アレクサンダー・テクニーク教師、専門家などから成るチームで構成されています。

人生におけるすべての段階と挑戦することがらにおいて、Poise平衡/つり合いのとれた状態とPersonal growth個人としての成長が、アレクサンダー・テクニークを通して保たれ続けることをミッションとして掲げています。

2016年から2026年にかけての10年にわたる挑戦プランがあり、各年のテーマを持っています。

例えば、
・子どもと若い世代のためのAT
・パーキンソン病に関わる人のためのAT
・痛み緩和ケアのためのAT
・ブルーカラー(現場)労働者のためのAT
・シニアのためのAT
・収監者のためのATと自閉症スペクトラムのためのAT  など

AT for Parkinson’s(パーキンソン病のためのアレクサンダー・テクニーク)

上記に挙げたテーマの中でも特に、「パーキンソン病患者のためのAT」についてイニシアチブを持ち、活動しています。

「薬物治療の他に自分のために自分で何ができるだろう?」という患者、またそのケアに携わるパートナーたちの問いかけに、パーキンソン病の症状とどううまく付き合えるかについての方法としてのATを提案します。

言語とハンズオンのガイドでセルフ・マネジメントの方法を学び、統合的な動きについての新しい考え方と動きのパターンを取り戻します。身体的な邪魔を最低限にすることで、自信を取り戻し、活動していけるように学習するのです。

🔹The Poise Projectは3つ目の助成金をParkinson’s Foundationから得ています。

$20,000(約223万円)の助成金は、ノース・カロライナの3つの場所で行われるPoise projectの新しいプログラム、”Poised For Action”ーパーキンソン病と生きる人たちとそのケア・パートナーのためのアレクサンダー・テクニークに対する支援となります。
https://www.parkinson.org

The Poise Project 公式Website
https://www.thepoiseproject.org

教師

新海みどり

開催日時

2019年6月8日

開催場所

エル・おおさか(大阪メトロ谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅下車)

会場地図

大阪府大阪市中央区北浜3-14

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ