ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

稲田祥宏

稲田祥宏

AT教師、医師、音楽家(ファゴット奏者)
栃木県佐野市出身。東京北千住アレクサンダーセンター代表。
東京慈恵会医科大学卒業後、音楽家を志し、1989年に渡英。ロンドン音楽大学にフルスコラーシップで入学、その時、専攻のファゴットの先生(William Waterhouse)の奥様が、アレクサンダーテクニックの教師(Elizabeth Waterhosue)だったことから、その存在を知り、Glyn MacDonald 女史よりレッスンを受け始める。2年間大学に在籍した後、3年間日本に帰国し、慈恵医大リハビリテーション科に所属、関東逓信病院では、神経内科医の専修医として勤務。また、1995年に再び渡英し、王立音楽院大学院卒業後(この時、学校の授業の一環で、Dorothea Magonet女史からレッスンを受ける)、ギルドホール音楽演劇学校で音楽療法(心理分析のアプローチ)を学ぶ。フリーランスの音楽家をしながら、Centre for Alexander Technique, Londonに学び、STAT公認講師になる(2000年)。2003年より2017年まで、Peter Ribeaux氏、Ellie Ribeaux女史のトレーニングコースで、週2日、ビジティングティ―チャーとして教えた。
他に2003年より現在まで、ロンドンのTrinity College of Musicで音楽家にATを教えている。
2012年より5年間、 芦屋のアマックコーポレーション アレクサンダーテクニーク教師養成クラスのアシスタントダイレクターとして指導した。
2018年9月より日本に活動拠点を移す。東京にあるATST(STAT承認教師養成校)のトレーナー。

国際認定

STAT (2000)

教師認定を受けた卒業校

Centre for Alexander Technique, London (2000)

トレーニング

Centre for the Alexander Technique, London

教える場所

ワークショップ情報

開催日 場所 タイトル
1月27日  2月03、17日  3月02日 北千住アレクサンダーセンター(北千住より徒歩3分) 月曜日モーニングクラスBy稲田祥宏
サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ