ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

稲田祥宏

稲田祥宏

栃木県佐野市出身。アレクサンダーテクニーク教師、医師、音楽家(ファゴット奏者)。北千住アレクサンダースクール代表。

渡英後、26年間ロンドンでAT教師、音楽家として活動の後、2018年9月より東京北千住在住。

 

東京慈恵会医科大学卒業後、音楽家を志し、1989年に渡英。ロンドン音楽大学にフルスコラーシップで入学、その時、専攻のファゴットの先生(ウィリアム=ウォーターハウス)の奥様が、アレクサンダーテクニックの教師(エリザベス=ウォーターハウス女史)だったことから、その存在を知り、グリン=マクドナルド女史よりレッスンを受け始める。2年間大学に在籍した後、3年間日本に帰国し、慈恵医大リハビリテーション科に所属、関東逓信病院では、神経内科医の専修医として勤務。また、1995年に再び渡英し、王立音楽院大学院卒業後(この時、学校の授業の一環で、ドロシア=マゴネット女史からレッスンを受ける)、ギルドホール音楽演劇学校で音楽療法(心理分析のアプローチ)を学ぶ。フリーランスの音楽家をしながら、Centre for Alexander Technique, Londonに学び、STAT公認講師になる(2000年)。2003年より、ピーター=リボー氏、エリ=リボー女史のトレーニングコースで、週2日、ビジティングティ―チャーとして、現在まで教えてきました。
他に2003年から2018年まで、ロンドンのTrinity College of Musicで音楽家にATを教えていました。
2012年から2017年まで, 芦屋にあるアマックコーポレーション アレクサンダーテクニーク教師養成クラスのアシスタントダイレクターとして、年4回日本に来て教えてきました。現在は、ATAT(東京洗足にあるSTAT承認教師養成校)にてビジテングテーチャーとして教えている。

他に、栃木県佐野市にある発達障害リハビリ施設「緑の屋根診療所」理事として、障害を含めた人間の成長や機能改善やサポートに取り組みながら、医師として働いています。

                               

初めに受けたレッスンはカーリントン系、受けたトレーニングはマクドナルド系、芦屋のトレーニングコースで一緒にワークしてきた小野ひとみ先生はマージョリー=バロウ系の先生なので、明らかに違ったアプローチから何かを読み取るように心がけて、ワークしてきました。他にも、不思議なアプローチをしている先生方のワークに興味をもって、’不思議’ に惑わされないで、その本質を見極めるように取り組んでいます。
ATは、私のライフワークと位置付けていますが、そのミッションのひとつは、違ったアプローチがぶつかり合う時に、偏見をなるべくないようにワークエクスチェンジができる環境を作ることです。同意できなかったり、感情的になることも現実問題、たくさんあるでしょうが、そのなかで、お互いに共通する、FMの言う’Universal Constant in Living’を模索する環境が、ATコミュニティ―にもっと芽生えたら、人間社会が、偏見や、不必要な暴力から救われる可能性だってATを通じてもっと見えてくると希望をもって、ワークオンセルフ(自分にワークする)に励んでいます。(ちょっと大げさに聞こえますが、まじめです!)

ですから、日本でのアレクサンダーテクニークの普及活動、このメッセージを心に秘めて参加する皆さんとワークができたらと思っています。

国際認定

STAT (2000)

教師認定を受けた卒業校

Centre for Alexander Technique, London (2000)

トレーニング

Centre for the Alexander Technique, London

教える場所

ワークショップ情報

開催日 場所 タイトル
2020/4/26 北千住アレクサンダースクール(北千住駅から徒歩3分) アレクサンダートレーニング一日体験ワークショップ
3月2、9,16,30日  4月6、27日  5月18日、25日 北千住アレクサンダーセンター(北千住より徒歩3分) 月曜日モーニングクラスBy稲田祥宏
サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ