ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

【11/24京都】グループで学ぶアレクサンダー・テクニーク1dayWS

【11/24京都】グループで学ぶアレクサンダー・テクニーク1dayWS

グループで学ぶアレクサンダー・テクニーク 1day ワークショップ

3人の経験あるユニークなアレクサンダー・テクニーク教師による、1日のレッスン。<教える>こと、<学ぶ>ことに関心がある方におすすめです。
教師として「今、何をみているか」を共有し、グループによる学習だからこそ、行きつけるどこかへ。グループ全体としての学習を豊かに深めていくには?教師の役割とは?

本ワークショップは、ヨガ講師、塾・セミナー講師、管理職、チームワークを必要とされる職種の方、音楽教師、合唱指導者など、「複数の人が同じ場にいる」「複数の人と一緒に」中で仕事をする方を対象としています。

グループで学ぶこと教えることについて、観察・経験・実践を通して学んでみませんか。

〔グループで学ぶこととは?—-扱うテーマ〕
・新しい考え、概念を学ぶ場づくり
・他の人を観察できる、そのことから学習するために
・その場に立ち上がっている社会があり(刺激)、それについての習慣的反応に気づかうこと
・大きな時間の中で、自分という個人・他者という個人に目を向ける観点を経験的に学ぶ
・自分に対する選択権を自分が持ち、自分が発揮するという体験を一人ひとりがすること
など

日時 11/24(日) 午前10時~午後5時

会場 京都市 梅小路公園 緑の館 イベント室
(京都市下京区観喜寺町56-3)

講師 ロビン・アヴァロン、石坪佐季子、新海みどり

受講料 15,000円

***********
Robyn Avalon ロビン・アヴァロン
(Contemporary Alexander School ディレクター)
25年間におよぶアレクサンダー・テクニーク経験を持ち、世界各地でプロのパフォーマーやアーティスト、オリンピック選手、乗馬、科学者、医師など多様な文脈にある人々と共にワークをする。アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本の各地で教える。Living in a Body「からだをナチュラルに使うためのユーザーズガイド」の創始者。クラニオ・セイクラル・セラピーを始め様々な身体技法やセラピーを習得、ワークに活かしている。タップダンサー、プロの振付家でもある。楽しく創造性に富むパワフルなワークが特長で、グループレッスンの名手。

石坪佐季子 いしつぼ・さきこ
(アレクサンダーテクニーク東京スクール ディレクター)
米国フィラデルフィアのアレクサンダー・アライアンスでアレクサンダー・テクニーク教師養成プログラムを修了。1994年から医療、芸術、教育、スポーツ、国内国外、子供からシニアまで、ジャンルを問わず幅広くアレクサンダー・テクニークを紹介し、国内外で指導。その人自身が自分らしく生きるために、本質に出会ってゆくプロセスを、シンプルでクリアなワークでサポートするティーチングが特長。

新海みどり しんかい・みどり
1970年より片桐ユズル氏らとともに「あたま・からだ・こころ・ことば」の関係を学習・探求し、87年より海外からアレクサンダーの教師たちを招き、通訳を通して学び始める。
日本最初の教師養成学校KAPPAの立ち上げに関わり、第一期生として卒業。ドイツ、アメリカ、韓国でも教え続けてきた。また野口晴哉先生の整体も長く学習し続けている。一人一人に潜在するプライマリー・コントロールが鮮やかに目覚めていくワークとティーチングが魅力。

***************

教師

新海みどり

開催日時

2019年11月24日

開催場所

京都・梅小路公園緑の館

会場地図

京都府京都市下京区観喜寺町56-3

サイトポリシー個人情報保護方針アクセシビリティ会員向けページ